口元がカサカサの時には…|成分にもこだわって選びましょう|保湿化粧品の効果
婦人

成分にもこだわって選びましょう|保湿化粧品の効果

口元がカサカサの時には…

コスメ

リップクリームの付け方

唇はストレスや生活習慣の乱れの影響を受けやすい為、ストレスを貯め込みすぎないようにしたり、食生活が偏らないようにする事も大切です。特に、皮膚や粘膜を正常に保つ役割を果たしているビタミンB2は不足すると乾燥を引き起こす事があるので、積極的に取りたい栄養素です。レバーやうなぎ、納豆、卵、チーズなどにビタミンB2は多く含まれています。また、体内の水分量が不足する事でも乾燥が引き起こされる場合があります。起床後や朝昼晩の食事の際に一緒に水を飲んだり、お風呂上がりや寝る前なども意識的に水を飲むようにする習慣をつけるといいでしょう。また、辛い食べ物などの刺激の強い物を取りすぎたり、食事後に口を拭かないでそのままにしておいたりすると乾燥の原因となるので注意が必要です。

食べ物やストレスの影響

唇は他の皮膚と比べて角質層が薄い為、冬場などの乾燥しがちな季節には荒れがちになってしまいます。ですが、それ以外にも普段している何気ない習慣が原因で唇が乾燥したり荒れてしまう事があります。よく言われるのはリップクリームの付け過ぎによる唇の乾燥です。リップクリームを一日に何度もつけ直す事により、唇の防御機能が低下して更に乾燥してしまう事があります。また、付ける際に強く塗ると摩擦で唇が荒れてしまう事もあるので要注意です。保湿する為に欠かせないリップクリームですが、一日に付ける回数は多くても4〜5回ほどにするのがいいでしょう。リップクリームを塗る時は横向きに塗っている方もいると思いますが、縦方向に塗る事で唇全体に均一に塗る事が出来ます。食生活の改善と、リップクリームの両方でアプローチをして、乾燥を防いでいきましょう。